クレジットカードイメージ

法人クレジットカードを使っています

私は5年ほど前まで会社勤めをしていたのですが、現在は独立して個人事業主になっています。
以前勤務していた会社では、社員が国内出張する場合には、あらかじめ役職に応じて定められている定額の宿泊費と交通費が支給され、それ以外に現地で使った費用に関しては、一時的に社員が立て替えて、後から精算するというシステムになっていました。
なので、安いホテルに泊まるようにすれば、浮いた分のお金を自分の小遣いに回すことも可能です。
一方、海外出張の場合には全く別のシステムになっていて、お金を浮かせて自分の小遣いに回すようなことはできないようになっていました。
海外の場合ですと、どの国に行くかによってホテル代などの費用が大きく変わってきますので、一律に定額の宿泊料等を支給してもあまり意味がありません。
でも、費用全部を社員個人が立て替えて帰国後に精算するというのも、かなり厳しいものがありますし、手間がかかって面倒です。
そこで、海外出張の場合には法人クレジットカードが渡されて、仕事関係の費用の支払いは全てそれで済ませるシステムになっていました。
私も海外出張の際に何度か利用しましたが、あれはかなり便利です。
海外に滞在中の支払いはほとんどクレジットカードで済ませるのですが、個人用のカードでプライベートの支出も仕事用の支出も全部済ませて、帰国後に明細書を見ながら精算するというのはかなり大変です。
でも、お金を支払う段階から使うカードを分けるようにしておけば、そのような手間が一切不要になるので、本当に楽チンです。
ただし、時々プライベートな支出まで紛れ込ませようとする不届き者もいるらしく、かなり厳しいチェックはされていました。
法人クレジットカードの便利さを知っていたので、個人事業主として使える法人クレジットカードを昨年作りました。
個人事業主は正確に言えば法人ではありませんが、便宜上そのような名称になっているらしいです。
本当は、個人事業主として独立した段階ですぐにでもカードを発行してもらいたかったのですが、ある程度の営業実績がないと審査に通過することができないと聞かされたため、昨年まで待ちました。
手続きはかなり厳格で、審査結果が出るまでの時間も結構かかったのですが、無事カードが発行されて現在使用しています。
個人名義のカードで仕事用の支払いもしていた時は、後から送られてくる明細書を見ながらの仕分けがかなり大変でしたし、限度額がいっぱいになってしまってカードが使えなくなってしまうようなことも度々あったのですが、今はそのようなことがなくなったので、とても助かっています。

Copyright(C) 2010 支払い.com All Rights Reserved.