クレジットカードイメージ

クレジットカードと住宅ローンについて

最近は何でもカードで決済する時代になって、昔と違い現金をあまり持たない世の中になりました。
それで私も買物をする時はほぼクレジットカードで、複数のカードを使っていたのですけどそれが問題ではないかといわれました。
どういうことかというと実は家を購入しようと思って住宅ローンの相談に行ったのですが、そこでクレジットカードの保有数が多いと指摘を受けました。
その時はよく分からなかったのですがどうやらカードを沢山持っていると、借金をする人だと銀行は思ってしまうようで審査が厳しくなるようでした。
それは困るので使っていないカードを処分しましたけど、その後も昔のカード支払いについて聞かれて色々大変でした。
一応ローンそのものは通ったのですが、その後気になって調べたらクレジットカードと住宅ローンは関係が深いようです。
例えばカードで買物をして支払が何度か遅れただけでも住宅ローンが借りれなくなるらしく、ほんの数万支払えなくなっただけでダメになります。
それ以外でも多くのカードを持っていると借金をよくする人だと思われるようで、これも審査でデメリットになります。
正直そこまで関係があるとは思っていなかったのですが、同じローンですから関連性が深いようです。
他の点でローンを借りた時に聞かれたのが妻のことで、実は妻も働いていて自分用カードを持っていたりローンを組んでいたのでその点をいわれました。
妻が持っているカードやローンが査定に響く可能性があるので処分をしてくれといわれて、あわてて借金やカードの処分をしました。
住宅ローンを借りる時は借りる数年前からクレジットカードの整理をしないといけないらしく、それを怠ったのでこういうことになったようです。
専門家の意見だとカードの借入問題は解決に数年かかるのでもし住宅ローンを組むならば、数年前にカードや他のローンなどを処分し審査を通りやすくしておいたほうがいいといわれました。
後になってから聞いたのであまり意味がなかったのですが、そうしておけば簡単に済んだのになとは思いましたけど。
ローンを借りてみて学んだのは大きな借金をする時は、査定に響きそうな小さいものを処分しておいたほうが良いという教訓でした。
例えば消費者金融やクレジットカードなどは、下手をすると簡単にローンをダメにするので注意が必要です。
ただ今の感覚からすると買い物の多くをカードで済ます時代に、カードを使ったらローンができないというのは合っていない感じもしました。

Copyright(C) 2010 支払い.com All Rights Reserved.