クレジットカードイメージ

無職でも作れたクレジットカードについて

私が無職でも作る事の出来たクレジットカードの中に、家族カードという契約方法があります。
無職で申し込みを行って、審査を通る事ができたカード会社はいくつかありましたが、家族カードでの申し込みが一番審査が通るかという事についての緊張等も無く早く発行ができたように感じました。
ちなみに私が通常のカードの申し込みを無色の状態で行った場合、項目の記載についてはとても注意をしましたし、職業についての記入欄には別の表現の仕方での書き方を行いました。
そして借入金額も大きなものではなく、比較的少なめに設定をしたところ、審査に通る事ができたので、借入金額を出来るだけ少なめに記載して、職業についての記入を行う時には無職だという事を強調せずに記載する事が大事なのではないかと感じています。
ちなみに電話番号などの情報は、一般的には携帯電話よりも固定電話番号を使用した方が良く、解釈も悪い物にはなりづらいようなので、固定電話の番号を記載して申し込みを行いました。
クレジットカードを所有するのにはどうしても審査の通過が必要になりますが、その為に気を付ける事としてはこれぐらいかなと思っています。
また、申し込みをする時に、比較的審査が甘いと言われている所もあるので、そういった企業を選ぶという事も大事なのではないかと私は思っており、審査の厳しい所での申し込みを行った所でとても審査が通るとは考えにくいので、審査が甘いと言われている所に申し込みを行う事も大事だと言えます。
ちなみに一番ははじめにお話した家族カードについてですが、家族カードについては作る時、元のカードの所有者が申し込みを行ってくれれば良い物となる場合が多いので、個人での申し込みを行う必要が殆ど無いという利点があります。
個人の親や世帯主の方が所有しているカード会社へクレジットカードの家族カード申込欄があれば、そこに申し込みをするだけでカードの手続きが完了するようになっており、これに関してはインターネットで行う事がかのうなサービスを提供している企業もあるので、前もって調べておくとベストです。
また、既に契約しているカードの返済などの返済を怠っていたりしない事も大切な要素となるようなので、既に契約しているカードがある場合には、返済を怠っていないかという事についての確認が必要です。
返済を怠っていると、借り入れができない人として解釈されてしまう可能性も出てくるので、これまでの返済についての見直しもしておくと良いと思います。

Copyright(C) 2010 支払い.com All Rights Reserved.