クレジットカードイメージ

必要なのはクレジットカードの機能のみだから、年会費無料のもので十分でした

私がクレジットカードを初めて作ったのは18歳の時、某ファーストフード店の物でした。
クレジットカードの存在は知っていたものの、なかなか踏ん切りがつかずにいたのですが、そのカードはそのお店の知名度と年会費無料だった点が決め手となり手続きをしました。
私は数か月先に海外旅行行く予定があり、その為に作ったのですが、そもそもクレジットカードの種類に関して無知だったので、なかには年会費がかかるカードがあることすらも知りませんでした。
初めて作ったカードが年会費無料の物であったことと、そのカードを使っていた期間中なんら不都合もなく使い続けていたので、その後もカードに対して年会費を払う価値が見いだせずにきました。
今まで銀行の物、ショッピングモールものなど何度かカードを作ってきましたが、全て年会費無料の物ばかりです。
年会費が発生するのにはそれなりの理由があり、会費の発生するカードには旅行の際の保険機能が付いていたり、お店での優待割引が常に受けられるなど様々なメリットがあることを承知してはいるのです。
しかし、私がクレジットカードを持つ必要性と言えば、日常の買い物に使うクレジット機能が欲しい、それに付随するポイントサービスを使いたい、海外に出た際にカードを携帯しておくことが必要といったことくらいなのです。
そんな私は、年会費が発生するカードのメリットよりも年会費が無料という事の方に魅力を感じるのです。
私は現金を持ち歩くよりもカードで支払いを済ませることが多いので、カード利用の頻度は高い方だと思いますが、実際に今まで17年間にわたりいくつかの年会費無料のカードを利用してきましたが、カード自体に問題が発生したり不満が生じたことはありませんでした。
一度海外において、不正使用させたことが発覚したことがありましたが、その際の対応も無料のカードうんぬんにかかわらず、迅速で適切な対応をしてもらいました。
人によってカードに付随するメリットを十分に享受し、支払った会費以上のものを得られる人も沢山いることでしょう。
だからこそ、世の中には年会費無料のもの以外のカードも数多く発行され、使用されているのだと思います。
それでも私にとっては便利なクレジットカード機能が無料で利用できる点に重点を置き続けることに変わりはないので、これから先カードの種類を変えることがあっても同じように会費の発生しないカードを選び、使い続けていくつもりです。

Copyright(C) 2010 支払い.com All Rights Reserved.